食事と運動で気を付けること

前回、体験キャンペーンを受けたことをお伝えしました(エステに通い始めて半年で痩せる)。 そのとき、1時間30分の施術でウエストが約2cm細くなりました。 実は今までいろいろなダイエットを実践してきたのに、ウエストはなかなか細くなりませんでした。 それなのに、痩身エステのマッサージでいとも簡単にウエストが細くなるなんてびっくりです。

やはり、エステティシャンのマッサージは「すごい」ですね。 さて、施術終了後は、カウンセリングもありました。 カウンセリングでは、今回の体験キャンペーンでどんな施術をして、どんな効果があったのかを1つ1つ丁寧に解説してくれました。

最後に、今回の施術で細くなったウエストをキープするために、自宅でできるウエストを細くする方法を教えてもらいました。

食事について

まず、「水分は摂りすぎないように」と言われました。 水分ってたくさん摂ったほうがいいと思っていましたが違うようです。 そういえば、たくさん水を飲んだ次の日、「なんだか体が疲れているなあ」と感じたことがあったので、水の飲みすぎが原因だったんですね。

ちなみに水を飲みすぎると、体の排せつ機能が追い付かずに、体内に毒素や老廃物が残ってしまい、それが原因でむくみやすくなるとのこと。 ということで喉が渇いたらコップ1杯の水を飲めば十分であることを教わりました。

あと、食事のときの水の飲み方なのですが、「食事の前に飲むように」と言われました。 今までは、食事が終わってから、水を飲むのが習慣だったのですが、これも良くないとのこと。 食事の前に水を飲んでおくと血糖値の上昇をゆるやかにしてくれて、体に余分な脂肪が付きにくくなると教えてもらいました。

運動について

次は運動なのですが、まず、「椅子、ソファー、トイレなどに座るとき、ゆっくり座るように」と言われました。

座る直前というのは下半身全体に負荷が掛かるので、効率よく下半身の筋肉量を増やすことができるとのこと。 下半身の筋肉量が増えれば、ウエストが太りにくくなるとのこと。 「筋トレってキツイ」というイメージなのでなかなか実践したことがなかったのですが、これならちょっと意識するだけでいいので私でもできます。

あと、「椅子やソファーに長時間座っているとき、1時間に1回かかとを床から離して、1分程度そのままキープするように」と教わりました。

長時間、椅子やソファーに座っている状態だと、下半身の血行が悪くなり、それが原因でウエストが太くなりやすいとのこと。 そこで、定期的にかかとを床から上げることでふくらはぎの筋肉を刺激するので、下半身の血行がよくなるとのこと。 今までの座り方をちょっと変えるだけで下半身の脂肪が燃焼しやすくなり、ウエストが細くなるなんて初めて聞きました。

それから教えてもらった食事法と2つの運動をしていますが、ウエストは78cm台をキープしています(ちなみにエステに通う前のウエストは91cmでエステに通って1年後のウエスト80.1㎝)。 教えてもらった方法はどれも辛いダイエットではないので、今までダイエットに何度も失敗した私でも続けることができているので、現在、ウエストが気になる方は実践してみてください。

まとめ(ウエストを細くする手順)
1. 食前に水を一杯飲む
2. 座るときは1・2・3と数えながら座る
3. 1時間以上座っているときは、1時間ごとにかかとを1分間上げる

私が通っていたエステサロン TBCの公式情報です

このページの先頭へ