会社に就職してから太ってしまう

学生時代は、少しぽっちゃりしている感じでしたが、太っているとは感じませんでした。 そのためダイエットしようと思ったこともありません。 好きなものを好きなだけ食べる生活をずっと続けていました。 学生時代はこんな生活でも全然太ることもありませんでした。

しかし、学校を卒業してある会社に就職してから体に変化が起こるようになりました。 私が働いていた会社は、新入社員でも激務で有名であり、残業は当たり前。 こんな会社だったので、1年後には新入社員の半分はやめてしまいました。 会社に行くたびに、同僚が一人一人いなくなるのは寂しいものでした。

私も「会社での業務がキツイ」と感じることはありましたが、なんとか1年間続けることができました。 ただ、残業中はお腹が空くので、学生時代と同じように高カロリーの食べ物ばかりを食べていました。 しかも、会社の休みの日は、疲れていて外に出たくないため、ずっと寝ていました。

運動といえば会社の行きと帰りの15分程度の徒歩のみ。 こんな生活を1年すれば、体重は増えて当然です。 ただ、あまりの忙しさに、「ダイエットしなきゃ」と考える暇がありませんでした。

そして、ある時、全身が映る鏡を見たとき愕然としました。 最初、鏡に映っている人が誰だかわかりませんでした。 なぜなら、私が知っている自分ではなかったからです。 しばらくして鏡に映っているのが学生時代からはかけ離れた体型の自分でした。

身長168㎝、体重74キロまで太ってしまいました。 そのとき初めて「これではいけない」と真剣に思い、これがきっかけでダイエット生活が始まったのでした。

このページの先頭へ